手帳探しは見送るが、欲しいボールペンが現れた!

文具の売り場などでは、そろそろ来年の手帳が売り出される。

ほぼ日手帳に逆算手帳、あるいはジブン手帳にトラベラーズノートと、

色んなものを試しては、なかなか決めきれなかったが、

DIALOG NOTEを使って、バレットジャーナルをするというやり方が、

すっかり定着した感がある。

よって、今回は、手帳はお見送りということにしたのだが、

気になる情報が舞い込んできた。

ジェットストリームの超極細が出るという。

現状、筆記具については、フリクションをメイン使いにしながら、

ブレンというボールペンを併用している。

(消せるボールペンが使えない時用に、通常タイプも持ち歩いている。)

ただ、この2本については、ペン先の細さが、ずっと不満ではあった。

ブレンが0.5mmで、フリクションが0.38mmである。

やや小さめのDIALOG NOTEには、ペン先が太く感じられるのである。

そこに、0.28という、超極細が出るというニュースが。

ブレンとの比較はともかくとして、0.1mmの差って、

果たしてどうなのか?とは思うが、ワタシ的には、かなり期待している。

見た目もまずまずなので、これは導入してしまいそうであるか。

残されるフリクションとブレンについては、

引き続き職場で、使いきれそうなので、この点はクリア。

(ペーパレス化の取り組みのため、消せるフリクションが支給されている。)

現在、持ち物リストを整備するにあたり、改廃の只中にあるが、

これは「新参者」が、滑り込んできそうである。

この記事を書いた人

ハイパラさん

ハイパラさん

大阪府堺市出身・在住。オーバーワーク気味の社会人生活の中で、うつ病を経験。生き方を変えようと、2014年10月よりミニマリズムに傾倒。ミニマリスト/ブロガー/ランナー(ジョガー?)/会社員