(9/100の2)「堺を歩けば」その2 綾之町から花田口エリア

前回の、その1では、知らなかった堺に触れることができた。

>>>(9/100の1)「堺を歩けば」その1 高須神社から綾之町エリア

今回は、堺の寺町あたりから散策した。

意外といえば意外だが、お寺が多いと思った。

まあ、確かに、歴史ある街なので。

それにしても、何というか、寺があって、静寂がある感じは、

非日常感も相まって、なかなか気持ちが良かったりする。

そして、散策疲れをいやすのには、やはりお茶が良い。

屋根の高い、リフォームした建物が、いい雰囲気である。

まずは玉露と、まんじゅうをオーダーした。

湯を注ぎ、しばし置いて、お茶を愛でる。

コーヒーもいいけど、やはり堺は、お茶であるかな?

締め?というのか、茶葉にポン酢をかけていただくのは、お初であったが、

これはこれで、なかなかであった。

再び、街歩きに出た。

お茶を飲んだら、しっかり和菓子が欲しくなった。

曽呂利で大鏡を、トト洋菓子店でトトれもんを買う。

(洋菓子ではあるけど)

ザビエル公園でしばし一服し、立ち食いして、

そのまま泉陽高校方面に歩いて行った。

(公園に、子供の声が多いと、やはりほほえましい。)

天神餅と、肉桂餅も購入し、家族の土産にした。

それにしても、チン電の電停3区間くらいのところに、

寺や菓子屋が多いというのは、何とも誇らしくもある。

こういう魅力は、もっと発信していいと思うし、

もっと地元の人も誇って良いだろう。

また近々、その3をやってみたいと思う。

この記事を書いた人

ハイパラさん

ハイパラさん

大阪府堺市出身・在住。オーバーワーク気味の社会人生活の中で、うつ病を経験。生き方を変えようと、2014年10月よりミニマリズムに傾倒。ミニマリスト/ブロガー/ランナー(ジョガー?)/会社員