アーカイブス

もっと早く読んでおくべきだった。。。深夜特急ノート・「旅する力」を読了。

紀行文のようなもので、評価の高いものは?と思い、調べたら、

「深夜特急」が色あせない名作として紹介されているのを、よく目にする。

「深夜特急」も、”沢木耕太郎”も、実はよく知らなかった。。。(不勉強。。。)

現在、”2019年 100のチェックリスト”の作成が大詰めであり、

”「深夜特急」を読む”というのも、すでにリストアップしているが、

そんな中、この「旅する力」を見つけ、予行演習よろしく、読んでみた。

もっと早く読みたかった。。。というのが、読後のファーストインプレッションであった。

すぐにでも、「深夜特急」全6巻を揃えたい衝動にも駆られたが、

まずは、”積ん読”を片付けようと、ひとまず冷静になった。^^;;

旅には適齢期というものがあるのかもしれない。

こう言われて、ドキリとしてしまった。。。

深夜特急当時の作者は26歳で、ワタシはもうすぐ、48歳。。。

もう、26歳の旅は出来ないか。。。後悔先に立たず、である。

時に、出口さんのキーワードに、「人・本・旅」というのがあるが、

ワタシはついぞ、旅に出るということが今までなく、来てしまっている。。。

「人・本・旅」か。なるほど!ストンと落ちました。暖かくなるとのことですし、動き出すとしますか。

焦りにも似た感情が、旅への憧れをますます募らせるのだが、

他方、家族の介護もあり、そう簡単にいかないところがもどかしい。。。

とはいえ、たとえ近場でも、暮らしの中に「旅」は入れていきたいとは思っている。

ただ。

「48歳の旅」なら、まだまだできるのだからと、思い直すことにした。

また、”旅は自分の力不足を教えてくれるもの”、なんだとか。

そう、自分の背丈を示してくれるものでもあるのだ、と。

26歳にこだわらず、年齢に見合った背丈で入れているのかどうか。

日常ではなかなか知り得ない、それこそ旅にあって、気づかされることでもある。

もっと早く読んでおけばよかったのかもしれないが、

むしろ今回、出会えてよかったと思っている。

ここ最近の、晩夏の読書は、当たりが多いように思う。

そう。

「旅」のみならず、「本」もまた、自己成長を促してくれるのだった。

終わりに近づくにつれ、終わらないで欲しいと思えた、そんな一冊である。

「深夜特急」本編が、ますます楽しみになって来た。

(まずは積ん読を、なんとかしないと。。。)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

ABOUT ME
ヤマバヤシ タカシ
大阪府堺市出身・在住。オーバーワーク気味の社会人生活の中で、うつ病を経験。生き方を変えようと、2014年10月よりミニマリズムに傾倒。ミニマリスト/ブロガー/ランナー/介護職員