アーカイブス

読書端末として、Googleの新しいスマホは適当なのか?実際の液晶サイズから考えてみた。

ワタシは、かねてよりiPhoneユーザーなので、実はAndroid端末はよく知らない。

ソニーやシャープの端末を一時的に使ったことはあったが、長続きはしなかった。

今回のiPhoneの発表で、何ともトキメキを感じず、

むしろApple Watchの方に注目が行っていた中で、Googleが日本に端末を投入するという。

相対的なこともあるだろうが、珍しく気になってしまっている。

それでもiPhoneを手放すのは(現時点では)得策とは思わないし、

加えてINFOBARの投入も考えている中で、

さらにGoogle端末まで購入する意味合いは薄いと言える。

そもそも、気になっている要因の一つは、おサイフケータイ機能であろうか?

時折使うであろう、nanacoやWAONがスマホで使えるというのは魅力ではある。

ただ、それ以上に頭にあるのは、電子書籍としての利用である。

Kindleが大本命であるも、「カラー」というのは魅力である。

そこで、画面のサイズ間から、比較検討してみた。

・現行の、iPhone X 5.8inch
液晶のサイズとしては、横61.8mm 縦133.7mm

完全な縦長である。

Kindleが6インチだからということで、単純に比較してしまうととんでもないことになる。

小説を読む上では、文字を追うことだけ考えれば、さほど苦にならないが、

こと漫画を読もうとすると、やはり厳しい。。。

・理想と言われる、kindle
液晶のサイズとしては、横91.4mm 縦121.9mm

改めて比較すると、随分と違いがある。。。

やはり横幅の違いが大きい。

どうりで読みやすさに違いが出るというもの。

・今回の、Google pixel 3XL
液晶のサイズとしては、横66.0mm 縦143.0mm

iPhoneよりも横に5mm程度長く、縦に10mm程度伸びる、感じか?

それでもkindleよりかは横幅は相当に短い。。。

漫画を読む辛さは、iPhoneほどではないだろうが、

丁度、iPhoneとkindleの中間に位置付けられる感じか?

雑誌などがカラーで見られるのも魅力か?とも考えたが、

ワタシの場合、ほとんど雑誌を見ないという。。。^^;;

YouTubeなどの動画をみるのにどうか?とも考えたが、

iPhoneと比して、有意差があるかと言えば微妙である。

(あくまで実際の画面サイズのみでの比較であるが。)

単純なインチ数による比較では、見えてこないものもある。

とまあ、そもそも値段が違いすぎるか?^^;;

(ドコモとソフトバンクで、10万円前後なんだとか。)

やはりKindle導入、というのがワタシ的結論である。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ヤマバヤシ タカシ
大阪府堺市出身・在住。オーバーワーク気味の社会人生活の中で、うつ病を経験。生き方を変えようと、2014年10月よりミニマリズムに傾倒。ミニマリスト/ブロガー/ランナー/介護職員