アーカイブス

手帳やメモの類が多すぎる?いや、ワタシの中ではフォーメーションは出来ている。(と思う)

情報カードに、トラベラーズノート、ほぼ日手帳に、逆算手帳。

どれだけメモや手帳の類を持っているのだ?と。^^;;

ただ、ワタシの中では、全くの別物なので。

(まぁ、重なりが、全くないと言う訳ではないが。)

スマホやGoogleカレンダーがこれほど普及していても、

毎年この時期には、売り場では手帳コーナーができると言うもの。

アポイントや予定の時間を、アラートで気づかせてくれる便利さは外せないが、

「手書き」と言うのも、同じくらい欠かせない。

なんなら、デジタルに入力する前段階の、事前の仕込みに関しては、

ワタシはメモは手放せないでいる。

それなら、1冊にまとめた方が良さそうなものだが、

生活にあまりに密着しているせいか、一つにするのも結構難しいものである。

まず、情報カード。

実は、松浦弥太郎氏の本を読むまでは、全く知らなかったが、

使い始めると、いやいや、これは重宝する。

ジョッターに差し込める紙の大きさが、持ち運びはもちろん、

会社での打ち合わせの時に使うにも、実は丁度いい。

小さすぎるのでは?と思ったサイズが、何とも絶妙である。

ただ、これだけだと、考え事とかをするときには、小さすぎるのだ。

A4くらいの大きさを持って、マインドマップよろしく、書き出してみたくなる。

そんな時は、リーガルパッドが、やはり丁度いい。

大きさもさることながら、気に入ったのはやはりコストの問題も大きい。

だが、そうなると、持ち運びをする時はかさばってしまう。

何枚かを切り取って、折りたたんでカバンに忍ばせると言うことも試したが、

やはりここは、ケースのようなものが欲しい。

それならジョッターに挟んで持てば良いのだけれど、

折りたたんだ紙を収めるには、あまり収まりがよろしくない。

そこで、大好きなトラベラーズノートに、折り込んで使うことで、

収納問題を解決するとともに、リーズナブルなリフィルとして、

リーガルパッドを用いることができるので、これは我ながらアイディアだったと思っている。

リーガルパッドは、あくまで殴り書きのようなものではあるが、

必要とあらば、撮影してevernoteに放り込んでおけば、保存もできてしまう。

そこに、日記としてのほぼ日手帳と、ビジョンを追いかける逆算手帳が加わることになる。

そう。ワタシには、やはりこれだけのものが、必要なのだと。

予定のやりくりを考えたり、その日のやることリストを書き出したり、

あるいはブログの下書きや、GTDの時の書き出しを行ったり、

近頃は、2019年の100のチェックリストの下書きをしたりと、

それぞれが、それぞれの用途で活躍してくれており、

机の上などに広げると、いくつもの紙の種類が現れると言う。^^;;

このスタイルにたどり着くまでには、それはもう試行錯誤があった。

また、年が変わるからと、システム手帳を新しくしては、

中身のリフィル選びに、時間と金を使っていたものだが、

もはや、そんなこともなくなった。(と思う。変わるかも、やけど。)

デジタルが好きな割には、根っこの部分はアナログということか?

このように紙のヘビー?ユーザーでもあるので、筆記具に関心がいくのも、ある種の必然なのかもしれない。

前にも投稿したが、至高の筆記具を探す旅は、実はまだ続いている。

至高の逸品を求めて、万年筆とボールペンを巡る冒険は続く。

まぁ、今はまだ、”ボールペンを使い切るライフ”の途中でもあるのだが、

書くことと考えることは、やはり不可分ということなのだろう。

単純にシコシコ書くのが、好きというだけかもしれないが。^^;;

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ヤマバヤシ タカシ
大阪府堺市出身・在住。オーバーワーク気味の社会人生活の中で、うつ病を経験。生き方を変えようと、2014年10月よりミニマリズムに傾倒。ミニマリスト/ブロガー/ランナー/介護職員