アーカイブス

自身の断捨離を振り返る(衣類編)

前回の、家具に引き続き、衣類です。

関連ブログ:
我が家の断捨離の振り返り。(家具編)

実は、ワタシの場合は、衣類は殊の外、スムーズでした。(笑)

そもそも、服選びが苦手なんですよね。^^;;

コーディネート的なことは、今もってダメなんです。

ですので、まず私服に関して言えば、とりあえず全部手放してしまえ!と。

ミニマリストと言えば、白いシャツ!とまで、断言するつもりはないのですが、

他には?と聞かれると、ワタシ的には全く思いつきませんでしたので、

今は、無印良品の白シャツを3枚所有しています。

下はジーンズで良いか?ってことで、これまた無印のもので揃えています。

ミニマリストを志すようになって気づいたのですが、

当初から比べると、随分と痩せたんですよね。

ということで、ブカブカの不格好も問題ですので、

これまた良い機会と言えば、そうでした。^^;;

あとは中の下着や靴下の類を同じもので3セット所有してまして、

いわゆる「制服化」というやつですね。

ジョブズやザッカーバーグの例はよく聞くところですが、

こうしたことで悩まないというのは、予想以上に快適に感じられます。

ただ、このケースは、女性には難しいんでしょうね。^^;;

洋服を買うことそのものが楽しみという人もいるでしょうし。

でも、普段着ている服の8割は、持っている服の2割とも言いますし、

好みの似た服でクローゼットがいっぱいという人も多いのだとか。

それ以上あると雑然としますし、スッキリさせることによって

得られる気持ち良さというのも、間違いなくあると思いますのでね。

あまり考えすぎず、着手してみるというのが、意外とうまくいくコツかとも思います。

少し悩んだ?というか、考えたのが、会社服(?)ですね。

ワタシの場合、先述の通り、コーディネート系が苦手でしたので、

スーツとかを買う場合、着回すスーツを3種ほど買いまして、

そのスーツ似合うシャツやネクタイを、お店でそのままコーデしてもらいまして、

そのセットのまま購入して、ローテーションで着回すというのを習慣にしていました。

そういう意味では、「制服化」の素地があったとも言えるのですが。^^;;

ただ、徐々に、日本の風潮的なものが変わってきまして、ね。

ノーネクタイやクールビズとか、ですね。

政府の旗振りもあってか、かなりのカジュアル化が進んでいる印象を受けますね。

対外的な対応が迫られる、営業職のような仕事は、なかなかそうもいきませんが、

ワタシのようなデスクワークですと、社会も会社も、以前よりかは寛容ですからね。

というわけで、いつの頃からか、スーツの類は手放しました。

極端にいうと、会社用のパンツとジーンズが入れ替わるくらいで、

ワタシの場合は公私の切り替えも、相当シンプルにできていると思っています。

そして今また、スニーカー通勤なる波が来ていますね。

スーツとスニーカーなんて、対極もいいところですから、

果たして定着するのか?という意見もありますが、

先のクールビズやノーネクタイなんかも、始める前は懐疑的でしたのでね。

個人的には、実は期待しています!(笑)

ジャケットとか革靴とか、まぁもしもに備えてゼロにするのも難しいかもですが、

ことワタシの場合に限っていうと、このままスニーカーに切り替えても、

まぁ少々の野暮ったさが残るので、細部は要検討ではありますが、

全然いけそうだと思っています。

というわけで、最近は、愛用のアシックスと、関連のオニツカタイガーで、

新しいマイスタイルを模索しております。

コーディネートは苦手と書きましたが、ちょっと楽しいかも?とか感じてたりして。(笑)

防寒着も、ミレーのティフォンがありますので、お仕事感は限りなくゼロになりますね。

実は、衣類の断捨離よりも、苦戦したのがガジェットであり、文具の方でした。

それはまた次回以降の投稿でお伝えします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

ABOUT ME
ヤマバヤシ タカシ
大阪府堺市出身・在住。オーバーワーク気味の社会人生活の中で、うつ病を経験。生き方を変えようと、2014年10月よりミニマリズムに傾倒。ミニマリスト/ブロガー/ランナー/介護職員