アイム・ミニマリスト

「ものを買わないチャレンジ2021」を実践する

# Intro
先日アップした、2021年の100のチェックリストの中で、
「ものを買わないチャレンジ2021」というのを挙げている。

買い替えと買い足し、そして過去6年間の断捨離を経て、
メニューにある「Possession」に到達したので、
当面はこのラインナップのもの以外を増やさないようにしようと考えている。

# とはいえ、一定のルールは設けることにする
別段、”荒業”をするつもりは毛頭なく、暮らすのに必要なものは買わないといけない。
例えば、日用品は当然補充するし、服など破損があれば買い替えもする。
あと、本とかは、積読にならないレベルで購入するつもりである。
(電子書籍がメインではあるが)
ただ、掲げたリストが、ある種の”抑止力”になれば良いと考えている。
例えば、欲しいものが出来たとして、いたずらにポチるというのは、
もういい加減卒業しなければと思っているし、
事実、随分とコントロールできるようになったので、
「Possession」がある程度固められたこのタイミングで、
これを維持することに重点を置きたいと思った次第である。
そう。
「買い足し」ということを、どこまでセーブできるかが焦点と言える。

他方、「Possession」の中の※印を付記したアイテムは、導入をするつもりでいる。
目標体重と体脂肪率が達成できた暁には、鎌倉シャツと桃太郎ジーンズは誂えたい。
また、iPhoneとiPadは、市場に投入される商品を吟味した上で、
あらかじめ確保している予算を投入したいと思っている。
あと、実は本年度より、新しい職場で働くことになっている。
食品メーカーを辞し、介護の仕事に就くことになったので、
業務上必要となる(と思われる)ものについては、購入せざるを得ないわけで、
まあ、このように書くと、比較的緩やかではあるが、
それはそれ、まずは本年度、チャレンジしてみたいと思っている。

# Outro
このチャレンジを行なうことで、Amazonや楽天のセールに踊らされないようにして、
手持ちのお金を減らさず、限りある時間を費やさず、
セーブできたお金と時間は、暮らしの快適さを実現するものに充当したい。
また、ガジェットの類も、毎年のように買い替えていたサイクルから抜け出して、
過剰では無いテクノロジーとうまく付き合いたいと思うようになった。
もし、欲しいものが出てきたとしても、本年は”寝かす”ように心掛けたいと思う。
それでもどうしても欲しいとなれば、2022年に購入すれば良い。

50歳を迎える本年、仕事も変わるので、
大袈裟に言えば、人生の大転換でもある。
7年目を迎えるミニマリスト生活において、節目の一年としたいところである。

ABOUT ME
ヤマバヤシ タカシ
ヤマバヤシ タカシ
大阪府堺市出身・在住。オーバーワーク気味の社会人生活の中で、うつ病を経験。生き方を変えようと、2014年10月よりミニマリズムに傾倒。ミニマリスト/ブロガー/ランナー/介護職員