ミニマリストリスト

持ち物リストを公開した

# Intro
過去に幾度となく、「持ち物リスト」を公開してきたが、
この年末年始にかけて、これまた何度目かの持ち物の精査を行なった。
2014年10月から始めたミニマリスト生活も7年目、
ようやく「モノ」が定まったのでは?と思っている。

# 「Possession」として、ブログのメニューにて公開中
「衣」「食」「住」「電」「紙」とカテゴライズし、
これまでもリスト化に取り組んでは来た。

ミニマリスト生活に突入したばかりの頃は、
持ち物の「数」にこだわる傾向が強かったように思う。
ミニマリストとして、物は持つべきではないという縛りのようなものがあって、
まあ、周囲に物が溢れかえっていた時はそれでよかったのだが、
なんというか、「数」にだけ執着してしまうと、
いわゆる「快適な暮らし」ということがどこかに行ってしまって、
とにかく「減らす」ことにだけに意識が向いてしまう、というか。
確かに、一時期のワタシは、その傾向が強かった。^^;;

しかしながら。
ではなぜ、ミニマリスト生活を志すようになったのかというと、
上述の快適さであったりを求めたからで、
大袈裟に言えば、幸せになるためであったはずである。
となると、ガンガンに断捨離を進めていく過程において、
むしろ「減らしすぎた問題」ともいうべきものに直面し、
買い足したり、何なら改めて買い直したりといったことも経験してきた次第。
まあそれも、言ってみれば、授業料のようなものであるかな、と。(笑)

そんな紆余曲折を経て、今の形に辿り着いた訳である。
ミニマリスト生活を始める前からは随分と減ったが、
ミニマリスト生活に突入した一時期に比べると増えている。
重要なのは、ほぼほぼ定まったのかな?という手応えというか実感と、
これまた一時期に比べて、「物欲」がすっかり落ち着いているということだと思っている。

そして、年末年始の取り組みが、「Possession」という形で結実したので、
このたび、改めて公開に至った次第である。
とまあ、こう言っておきながら、来月あたりにはまた変動しているかもしれないが、
別段、変えてはいけないなんていうルールも、無いので。

ただ、なんとも言えない「達成感」とでもいうのか、
あるいは「軸」が定まったとでもいうのか。
年が変わっても相変わらずのコロナ禍にあって、お籠りを余儀なくされる中、
7年もかけて取り組んできたことが、(ちょっと)形になったことが、
なんとも言えず、嬉しかったりするのである。

何度か鑑賞した、「365日のシンプルライフ」という映画の中の、

”生活に必要なものは100個くらい。
その次の100個は、生活を楽しむためのもの。
所有とは責任であり、モノは重荷になる。
どんな重荷を背負うのか、僕は自分で決める。”

こんな件を思い出してしまった。

今の持ち物の数が、186個ということで、
まあ、数に縛られるつもりは無いのだけれども、
割といい線なのでは?と悦に入ってもいる。(笑)

# Outro
他方、「持ち物リスト」と言いながらも、
※印で、「導入予定のもの」なんてのも記載している。^^;;

これについては、もう予算立てはしているものの、

・どれにしようか検討中のもの(オニツカタイガーの靴)
・目標体重に、まだ未達のため踏み切っていないもの(鎌倉シャツと桃太郎ジーンズ)
・単純に、どうもタイミングが合わなかったもの(Apple製品)

こうした理由から、正式にはまだ「持ち物」ではないが、
腹は決まっているので、気持ちの上では、もう「持ち物」であることから、
記載の上、リスト化することにした。

そう。
こうしないと、上記のような高揚した気持ちを得られそうもないので。(笑)

ABOUT ME
ヤマバヤシ タカシ
ヤマバヤシ タカシ
大阪府堺市出身・在住。オーバーワーク気味の社会人生活の中で、うつ病を経験。生き方を変えようと、2014年10月よりミニマリズムに傾倒。ミニマリスト/ブロガー/ランナー/介護職員