淀川寛平マラソン2020 開催中止は、やむを得ない

# Intro
新型コロナウイルスの話題で持ちきり。
とうとう全国的に学校まで休校とはね。^^;;
まさかここまでになるとは。。。
一方で、騒ぎ過ぎでは?との声もあり、ワタシも(少し)同調するのだが。

# イベント等の中止も相次ぐ中・・・
本日、参加予定をしていたが、メールにて開催中止の連絡が来ていた。
寛平ちゃんの、芸能生活50周年を記念した、淀川寛平マラソン2020

まぁ、この流れの中で開催などしようものなら、
村八分文化(?)の我が国において、何を言われるやら。^^;;
止むを得ない判断かと思われ。

ちなみに、淀川寛平マラソンの参加費については、返金なし。
大会要項にも記載があったとのことで、(読んでないけど)必要経費を差し引いた金額を
東日本大震災・熊本地震・西日本豪雨被災地支援と淀川環境保全のために寄付するそうで。

一部のマラソン大会で、返金しないことが物議を醸し出している向きも聞くが、
経費がかかるのは当然だし、困っているところに回してもらえるなら、
別段、目くじらを立てずともと思うのだが。

まぁ、抽選の上で当選したのに残念というのは、別な話として、
それはそれで理解はできるが、返金については仕方がないのでは?
むしろ、コロナウイルス撲滅に役立ててくださいくらいのことを言って欲しいくらいだが。^^;;

# Outro
淀川寛平マラソン、来年もエントリーはしたいと思っている。

それよりも、早く終息してくれんかな?コロナよ。

マスクに始まり、ティッシュペーパーに加工食品に至るまで、
結構な買いだめが進んでいるらしく、店頭もガラガラなところが目立つ。
外出を控えるべく、買いだめしているというのは、わからないでもない。

が、行列に割り込んだとかで、どつき合いの動画がアップされたりしているのを見るにつけ、
「そこまでするか?」と呆れてしまうワタシが居たりする。^^;;

オイルショックじゃあるまいし。
このあたり、日本人ってあまり変わっていないのかなとも思われ。

この記事を書いた人

ハイパラさん

ハイパラさん

大阪府堺市出身・在住。オーバーワーク気味の社会人生活の中で、うつ病を経験。生き方を変えようと、2014年10月よりミニマリズムに傾倒。ミニマリスト/ブロガー/ランナー(ジョガー?)/会社員