2020年1月を振り返る

# Intro
早いもので、今年も一ヶ月がすぎた。
(振り返る時には、いつも、早いもので、と言ってしまっているが。。。)
一言で言うと、”立ち止まった(立ち止まり過ぎた?)”感があったか?^^;;
否。これまた言い換えれば、次の跳躍のための、しゃがみ込みとも捉えてはいるが。

# 果たして、時間をうまく使えただろうか?
正月を皮切りに、「2020年の100のチェックリスト」と向き合ってみた。
結果的には、3つのことを行うことが出来た。

他方、時間を有効に使えたか?というと、反省すべきところはある。
もっと学習に時間を割きたかったが、気分がどうにも乗り切れず、
持ち物関係、特に衣類のことに気が取られてしまったのは、
我ながらいただけないと思っては、いる。
そんなこともあって、「ジレンマ」のようなものを感じて、
一層、毎日が、いや時間が、うまく使えていなかったと、思わずにはいられない。

また、懸案事項に挙げていた、食費の削減についても、
コストコ生活を模索したり、それに伴うカーシェアライフのことも考えていた。

あとは、歯の治療であろうか?
放置していたので自業自得であるのだが、
殊の外、こちらにも時間を割かざるを得ないというのが、実情ではある。

とはいえ、膿は(ある程度)出せたのではないか?とも思っている。
悶々としていたことが、クリアできたわけではないが、
道筋が見えたと言うか、その意味では、(多少)クリアになったと言うべきか。
愛用のダイアログノートに向き合った時間は、多かったものの、
今更ではあるが、この”書き出す”という行為のもつ力というか。
手放す中にあって、「何を残すのか?」を見つめなおせたのは、
次月以降の収穫といえそうである。

#Outro
そして、今日から2月。
というわけで、反省を活かして、以下の点に注力したいと思う。

  • 中小企業診断士の勉強に本腰を入れる
  • 寛平マラソンに向けたトレーニング
  • 見直した食生活の実践
  • 自身にとっての「理想の持ち物」を確認し、しっかりとした軸を持つ
  • 「100のチェックリスト」のスケジュール化
  • 体型の変化に伴う、「衣」の見直し

1月には、「理想の24時間の過ごし方」についても、実は考えた。
これまでのミニマリスト生活の実践で、正解に近づいている手応えはある。
上述の項目を、1日の中に、いかに当てこんで行くか。
教訓を活かす、2月としたい。

この記事を書いた人

ハイパラさん

ハイパラさん

大阪府堺市出身・在住。オーバーワーク気味の社会人生活の中で、うつ病を経験。生き方を変えようと、2014年10月よりミニマリズムに傾倒。ミニマリスト/ブロガー/ランナー(ジョガー?)/会社員