アーカイブス

5年目のミニマリスト生活

「ミニマリスト」という言葉は、もうすっかり定着しただろうか。

新語・流行語大賞の候補だったのが、2015年か。

今や、単なる流行というのではなく、スタイルとして根付いた感もある。

かくいうワタシも、ミニマリスト生活に舵を切って、

今年で5年目になる。

(2014年と、一年早かったということか。)

過剰になっていたモノとかコトとか、色んなものを、

まずは減らしていくことから着手していって、

減らしすぎた”リバウンド”(のようなもの)を経て、

現在に至っている気がしている。

他方、モノやコトを減らし続けた先には、何があるのか?

そんな答えを、いつしか探している段階も経験した。

ただ、その”答え”は、今もって、手にしてはいない。

そもそも、”答え”というか、”完成”というかを、

求めることがそもそも違うのでは無いか?と。

近頃は、原点回帰というか、そんな気持ちがふつふつと。

最近、ワタシをミニマリスト生活に誘ってくれた、

佐々木史典氏の、「増補版」を手にしてみた。

ぼくたちに、もうモノは必要ない。増補版posted with ヨメレバ佐々木 典士 筑摩書房 2019年02月07日売り上げランキング :
楽天ブックスAmazonKindle

特に興味があったのは、「ミニマリストのその後」。

それを見るに、やはり「完成」ということではなく、

あくまで道の途中ということが確認できたのは、収穫であった。

そう、ワタシもまだ、道の途中。

ただ、ブレ幅とでもいうか、そういうものは小さくなってきている手応えはある。

これは、かつて求めた、「正解」に近づいているという感覚である。

それから先は、維持することを続けながらも、

幸せを感じるために、微修正なりを加えていくということになるのだろう。

ただ、上述のような手応えは、やはりうれしい。

心身ともに病みまくっていた頃は、もはや、遠い昔のことのように思える。

追記

こそっと、ブログタイトルも変えてみた。(笑)

ABOUT ME
ハイパラさん
ハイパラさん
大阪府堺市出身・在住。オーバーワーク気味の社会人生活の中で、うつ病を経験。生き方を変えようと、2014年10月よりミニマリズムに傾倒。ミニマリスト/ブロガー/ランナー(ジョガー?)/会社員