アーカイブス

キーボードをめぐる冒険

外付けのキーボードを持つという発想は、これまで無かった。

ただ、タブレット端末には、キーボードは必須派でもあるので、

従来は、iPadやSurfaceの一体型キーボードでカバーしていた。

iPadについては、最後まであのキーボードは合わないと感じた。

Surfaceの方は、まだいくらかマシというか、悪くないというのが感想である。

ただ、Surfaceの方は、タブレットとしての魅力が、ワタシには乏しく、

この点については、やはりiPadかな?という気がしている。

となると。

iPadの、特に、iPad miniを使うにあたり、

いい感じのキーボードがあれば、捗るような気がしている。

先日来、ぜんそくの具合が思わしく無かったので、

ネットで散策しまくっていたら、気になるキーボードがあった。

・・・もう、募集は終わっているが。

打刻感がクローズアップされているが、ワタシ的には、見た目重視である。

これはかなりコンパクトではないか?

ただ・・・

一切、実機に触れていないのが、不安要素である。

触れてナンボのものを、触れずに買うのは、やはり抵抗がある。

となると、「慣れ」を考えても、アップル純正がいいのかな?と。

これは、実機チェック済みで、タッチ感は、毎度お馴染みである。

大きさはというと、さらに小さくて軽量か?

「打ちごたえとレア感 vs 持ち運びと安定感」

なんというか、そういう構図か?

ただ、打刻音は気になるところ。

それなら、Magic Keyboardに軍配があがるか?静かなので。

先日、テキストエディタの投稿をして以来、

執筆環境面にも、関心が向いている。

今は、暮らしを整え中。

予算のこともあるので、今しばらく検討。

ABOUT ME
ヤマバヤシ タカシ
ヤマバヤシ タカシ
大阪府堺市出身・在住。オーバーワーク気味の社会人生活の中で、うつ病を経験。生き方を変えようと、2014年10月よりミニマリズムに傾倒。ミニマリスト/ブロガー/ランナー/介護職員