(9/100の4)「堺を歩けば」その4 宿院〜御陵前エリア

「堺を歩けば」の散策も、いよいよ最終。

旧堺の南端?を歩いた。

堺を歩けば。posted with ヨメレバ「堺を歩けば。」製作委員会 140B 2017年04月28日売り上げランキング :
楽天ブックスAmazonKindle

さかい利晶の杜の隣のスタバに鎮座して、作戦を寝る。

この辺りには、プノンペンゲコ亭かん袋と、

鉄板ともいうべきお店があるが、今日はあえてパス!(笑)

やはり行ったことのないところに行ってみたいところ。

大寺餅を初めて堪能し、そのまま御陵前まで南下した。

この辺りにカフェ・・・というか、サ店を横目に、

南の寺町を散策する。

改めて、堺って歴史あるなあと、シミジミする。

そのまま、八六八ビルなる建物を目指すも、

あまりに目立たないので、思わず素通りしていた。^^;;

気づいて、改めてお店に入り、しばし一息つくことにした。

印刷工場だったとは、なるほど。雰囲気がある。

今となっては賑やかなスタバと違って、

分別のある客層というか、静かに過ごせるのが気に入った。

ゆっくりと珈琲を堪能し、場所を譲るのが良いと判断し、

長居はせずに、辞することにした。

そしてまた、宿院の方面に向けて散策し、

最後の「堺を歩けば」を味わった。

まあまた、いつでも来られるとはいえ、一つの区切りではある。

堺といっても、結構広く、この辺りは、実はよく知らない。^^;;

高校時代は、比較的近くにいたのに、

大学受験を優先しすぎたのか、ついぞ立ち寄ることはなかった。

その後、進学と就職と転勤で、長らく堺を離れていたのだが、

かつては故郷を遠く離れることが大人になることだと思っていた。

そして歳を重ね、近頃は無性に、故郷が恋しく、愛おしいと思う。

思えば、自分勝手なものである。

それでも、そんなワタシでも、故郷は黙って受け入れてくれる。

もっと都会で、便利のいい街も、たくさんあるが、

当然ながら故郷というのは、別格であるのだ。

ワタシの故郷が、ここ堺でよかったと、

今は心からそう思える。

今回、まわり切れなかったお店もある。

エリアでイベントがあるときは、参加したいと思う。

そう、100のチェックリストなどど、構えずとも、

また、ふらっと立ち寄ればよいだけなのだ。

故郷を、近くにありて想っても、また良しということで。

この記事を書いた人

ハイパラさん

ハイパラさん

大阪府堺市出身・在住。オーバーワーク気味の社会人生活の中で、うつ病を経験。生き方を変えようと、2014年10月よりミニマリズムに傾倒。ミニマリスト/ブロガー/ランナー(ジョガー?)/会社員