アーカイブス

「やめられなくなる、小さな習慣」を、読了。

習慣については、関心が高いテーマである。

これまでも何冊か、読んで来た。

初めて献本いただいた、佐々木さんの習慣の本も、

「ミニマリストの次のステップ」という意味合いからも、興味深く読んだ。

>>>習慣をテーマにすると、どうしても”深い”ものになる。佐々木典士 著「ぼくたちは、習慣でできている」を読了。

そして今回は、この本を手にした。

「やめられなくなる、小さな習慣」である。

そういえば、”小さな習慣”といえば、この本も読んでいた。

小さな習慣posted with ヨメレバスティーヴン・ガイズ ダイヤモンド社 2017-04-27売り上げランキング : 5516
AmazonKindle楽天ブックス

>>>「小さな習慣」から始めよ!ということで、まずはカラダと脳に擦り込むことからスタートしました。

それにしても習慣についての本が多いのは、

それだけ需要があるからだろう。

ワタシも、来年の100のチェックリストの中で、

(またもや)いくつかの習慣化に取り組む予定である。^^;;

>>>2019年 100のチェックリストを作成した!

で、この本であるが、まず「習慣」そのものについての説明がある。

習慣と一口で言ってみても、種類があるという。

1.トレーニング

ワタシの場合だと、語学の勉強がこれに当たる。

2.日課

これがいわゆる、「習慣」に近いか?

日々の繰り返しということで、ワタシの場合なら、

日記をつける、瞑想、ストレッチがこれに当たる。

3.禁止

悪癖を絶つということ。(ワタシも断酒に成功したが。)

来年の中では、コンビニでのお菓子の買い食いを止めるというのが、これになる。

(50近い大人の目標としては、恥ずかしいが。)

そして、それぞれのタイプについての対処の仕方が書かれており、

ワタシの新しい取り組みについて、多くの示唆を得られた。

そして、習慣と報酬の強い結びつきにも言及されているが、

習慣が小さいと、大きな報酬がもたらされることはないとして、

「連鎖反応」について書かれているのが、何とも興味深かった。

先述の「日課」のところで挙げた取り組みが、連鎖反応を起こすかどうかについては、

少し考えないといけないが、当たらずとも遠からずだとは思っている。

そしてまた、著者が挙げた小さな習慣が、「早く寝る」というのにも膝を打った。

よくある、「早起き」ではなく、「早寝」なのである。

そして早寝のもたらした連鎖反応が書かれていて、ワタシも追随したくなってしまった。(笑)

まあ、家族がいるので、思いっきりの早寝は難しいが、

それでも惰性で起きていることからすれば、生活を一新できそうな、

それこそ「報酬」が得られそうな予感もある。

この年の終わりあたりに読む本としても、結構良いかもしれない。

やめられなくなる、小さな習慣posted with ヨメレバ佐々木 正悟 ソーテック社 2018-10-20売り上げランキング : 79343
AmazonKindle楽天ブックス

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ヤマバヤシ タカシ
大阪府堺市出身・在住。オーバーワーク気味の社会人生活の中で、うつ病を経験。生き方を変えようと、2014年10月よりミニマリズムに傾倒。ミニマリスト/ブロガー/ランナー/介護職員