アーカイブス

共感を覚えること多々あり。「いちばん大切なのに誰も教えてくれない段取りの教科書」を、一気読み。

そもそも、「段取り」とは、何か?

物事を行う準備や手順であり、またはその準備である、と。

何となくは理解しているつもりでいたが、なかなかに難しい。

いわば、実行することの難しさと言えるか。

著者によると、段取り力とは、仕事をルーティン化することである、と。

ミニマリズムに通じるこの考え方には、大いに共感を覚えた。

余計なものは削ぎ落とし、いかに集中することができるか?

また、GTDよろしく、全てを吐き出しておいて、

頭の中に”余白”を設けておくのだとか。

(GTDは紙に出したあと、ひたすらに実行するわけであるが。)

そう、これも言ってみれば、集中すると言うことか。

また著者は、仕事とはシンプルに3つの項目であり、ステップであるとしている。

1.目的地を決める
2.目的地までの地図を描く
3.目的地まで到達する

そしてこの時に、何よりも時間を意識することと、

想像力を駆使することの重要性を説いていた。

これも我が意を得たりと思った。

以前、「間に合わせる力」という投稿をしたことがある。

>>>時間意識とともに、「間に合わせる力」が重要なのだと想う今日この頃です。

限りある時間をどう使うのかについては触れるまでも無い。

何より24時間の枠内に、余白(余力)を持とうとすれば、

ルーティン化による効率化は欠かせない。

また、想像力ということについては、ビジュアル化とも表現している。

確かに、映像というか動画というのか、絵(画)が思い浮かぶというのは

意識という点でも、また人に伝えるという点でも、大きな判断基準であると思う。

恐らくはこの本の構成も、著者ならではの段取りで組まれているのだろう、

大変分かりやすかったし、感銘を受けた。

そして段取りというのは、決して才能などではなく、むしろ習慣化と言えるのでは?

以前に、献本いただいた佐々木典士氏の本も、思い出された。

>>>習慣をテーマにすると、どうしても”深い”ものになる。佐々木典士 著「ぼくたちは、習慣でできている」を読了。

表現に違いがあるのは当然とはいえ、どこか根底に同じようなものが流れている。

いや、真理というものは、そういうものなのかも知れない。

自らの血肉にしたい。そう思えた一冊である。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ヤマバヤシ タカシ
大阪府堺市出身・在住。オーバーワーク気味の社会人生活の中で、うつ病を経験。生き方を変えようと、2014年10月よりミニマリズムに傾倒。ミニマリスト/ブロガー/ランナー/介護職員