久々の映画に、「インクレディブルファミリー」をセレクト。

続編とは、全然知らなかったが。

それでも、しっかり楽しめるあたりは、流石といえよう。

趣味は映画と答えるようになって、実はまだ日が浅い。

ミニマリスト生活に入り始めた、2014年10月あたり。

趣味についても、あれもしたいこれもしたいは、とりあえず辞めた。

ある程度絞り込んで、集中しようと決めた。

その時のチョイスが、映画である。

それ以前は、知人と時折見に行くと行った程度で、

実は、(いまだに)俳優の名前とかには疎かったりする。

一時期は、年間100本は観ると決めていた。

ただこれも、何気に負担に感じるようになったので、

今は流石にセーブするようになった。

とはいえ、趣味としての映画鑑賞は、結構良い趣味だと思っている。

ネックといえば、その料金か?1800円というのをどう捉えるか?

というわけで、ワタシは、いわゆるサービスデーにしか観ないことにしている。

auマンデイなら、1100円で、テアトルシネマのサービスデーなら1000円だ。

他方、仕事帰りとかなら、勤務終了後で、かつ帰りの電車を考えると、

ぴったりと言える時間に、上映時間が当てはまらないことが多かったりもする。

サービスデーと時間軸の交差するあたりで、観たい映画を観ているというのが実態である。

ただ、今回は夏休み中でもあるので、サービスデーに合わせて、久々に1本。

それが今回の、「インクレディブルファミリー」である。

ディズニーアニメは、結構好んで観ている。

アニメという表現手法が、一体どこまで進化して行くのか?

それを観るのを、楽しみにしている。

リアリティという意味ではない、アニメの”質感”のようなもの。

始まりから、それに心奪われてしまうと、2時間はあっという間である。

今回の「インクレディブルファミリー」についても、素晴らしいと思った。

最新のテクノロジーに、少しレトロ感を加えているというか、

初見であるにも関わらず、一種の懐かしさのようなものを感じた。

全体としては、面白くて、カッコ良くて、それでいて可愛くてと、

そのあたりのバランス的なものも、素晴らしくよかったと思う。

また、スーパーヒーローってのも大変だと思いもした。(笑)

(子育てに勤しむヒーローというのも、微笑ましく思った。)

あと、ディズニーアニメといえば、同時上映作品である。

(この出来も素晴らしいと、一粒で2度美味しいと思える。)

その作品は何と、中華まんが主人公!という。(笑)

その発想だけでも素晴らしいが、短編とはいえ、手加減はなかった!

我ながら(今回も)ナイスチョイスではあったが、

劇場がもう少し空いていると、なお良かったかな?

(完売御礼であった。まぁ、凄いのだけれど。)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

この記事を書いた人

ハイパラさん

ハイパラさん

大阪府堺市出身・在住。オーバーワーク気味の社会人生活の中で、うつ病を経験。生き方を変えようと、2014年10月よりミニマリズムに傾倒。ミニマリスト/ブロガー/ランナー(ジョガー?)/会社員