アーカイブス

半年働いて、半年旅をする。村上アシシ 著「半年だけ働く。」を読了。

働き方について、以前より考えるようになった。

大学を出て、正社員として働いて、

いくつか会社は変わったけど、ずっと長時間労働を行なってきた。

(もちろん、ワタシの要領の悪さにも一因はあるが。)

大卒後の最初の10年は、馬力が効くというか、

”若さ”でどうにかなっていたと思う。

ただ、それも歳を重ねるにつけ、やはりしんどくなってくる。

そして、これが最も厄介だと思うのは、あまり自覚症状はなく、

蓄積したダメージは、ある日突然、襲いかかってくる。。。

いや、異変はあったのだとは思うが、何とかなるとでも思えたし、

周りもそうなんだからという、妙な安心感?もあったのか、

結局、倒れて、止まることを余儀無くされるまで、麻痺でもしていたようだった。

今の会社で、休職を余儀なくされ、一度復職するも、

もはや、今までのような”働き方”ができなくなっていた。

自身のコンディションの事もあったが、家族の介護といった問題もあり、

ワタシは正社員という働き方を辞め、地域限定社員となった。

2014年の10月の、ミニマリストを志した頃の話である。

収入面や、出世昇進などの社内競争、もしくは評価といった、

どこかで心の拠り所としていたものと距離をおくと言うこと。

正直言って、最初はかなり抵抗があった。(今も、時々)

せっかく大学まで出て、これっぽっちの給与かよ?と思う事もしばしば。

ただ、これは負け惜しみでもなんでもなく、

心の平安というか、心の平静さについては、

かつてないほど、今は落ち着いている。

収入は減ったものの、支出も相当減ったので、(ミニマリストなので)

実は、以前より余裕がないわけでもない。

また、自由な時間が増えたことが、実は何より大きいと思っている。

あと、家族の近くに居れる事が、こんなに安心出来るとは思いもしなかった。

離れて暮らしていた時期が長かったことや、高齢化に伴う介護の必要性もあるが、

あながち間違った決断ではなかったのだと、思うようにしているし、思えている。

ただ、どこかで何となく。

ワタシを含め、親もどんどん歳を取り、そして、誰もいなくなった時に、

今のまま、という事もあるまい、と考えずにはいられない。

心おだやかに過ごす一方、これからのことに想いを馳せている時、

愛用している家計簿アプリ・マネーフォワードで、こんな記事が目に止まった。

https://moneyforward.com/media/hobby/55752/

”単価を2倍にして、働く時間を半分にする。”

正直言って、この発想は無かった。^^;;

興味深いと思い、この本を手に取った。

とにかく、よくある自己啓発の類の本ではない。

ここまで振り切れるかどうかは兎も角として、痛快さすら感じて読み終えた。

人間が変わる方法は三つしかない。
一つは時間配分を変える。
二つ目は住む場所を変える。
三つめは付き合う人を変える。
この三つでしか人間は変わらない。最も無意味なのは、「決意を新たにする」ことだ。

日常に文句ばっかり言ってるなら、とりあえず行動に移せ!

的を得ている。そう思った。

また、先の三つの方法について、

ワタシも時間の配分を大きく変えた。(つもり)

住む場所も、転勤とともに転々としていたが、実家に戻った。

付き合う人は・・・ここはまだ未着手かと。^^;;

ただ、これから先、である。

決意を新たにすることが無意味だとすれば、やはり行動に移さないと。

そう遠くない将来に、ワタシは更なる生き方の転換を迫られる。

その時、ワタシは、どうなっていたいだろう?

この著者のような生き方が、したいわけではないが、

どこかで心惹かれるものがあるのも事実である。

ブロガーとしてどうありたいのか、働き方はこれでいいのか。

はたまた、家や家族はどうするのか、などなど。

恥ずかしながら、現時点で答えはない。

ただ、サラリーマンの延長でフリーランスになるというのは、

とかくビビリがちな私にとって、(ちょい)救いかもしれない。^^;;

そして、ワタシの好きなことは、あるいは自身の得意なことは何か?

(著者は、得意で稼ぐことを推奨している。)

いやいや、まだまだ未着手なことが多い。。。

と、ここで決意を新たに!では、ダメなのだ。

具体的に行動に移さないといけないのだろう。

お恥ずかしいが、まだまだ全然足りていない。^^;;

今はまだ、決意を新たにレベルだが、まずはGTDよろしく、

頭の中のモヤモヤを吐き出すように書き出してみたい。

そして、何かアクションを起こしたいと考えている。

http://gtd-japan.jp

新しい働き方ということで、似た本は結構出回っているかもしれないが、

これぞまさに生きたお手本!とも言える書籍である。

ぜひ、一読をお勧めしたい。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

ABOUT ME
ヤマバヤシ タカシ
大阪府堺市出身・在住。オーバーワーク気味の社会人生活の中で、うつ病を経験。生き方を変えようと、2014年10月よりミニマリズムに傾倒。ミニマリスト/ブロガー/ランナー/介護職員