アーカイブス

「働き方」について、興味深い記事がいくつかあったので、メモしておこうと思いました。

立花さんのブログで、こんな記事を見かけました。

職業名「スラッシャー」とは何か | No Second Life

仕事の肩書きが一つではなく、いくつも肩書きがある人のことのようです。

会社員/ミニマリスト/ブロガー/ランナー、とかこんな感じ。

以前にも、こんなブログを書いたことがあります。

関連ブログ:
”掛け合わせ”によって生まれる、新しいものやアイデア。個人の個性についても同じことが言えると思います。

このスラッシャーという言葉も、まだ出始めですのでね。

今はまだ、固まっていない感じも受けますが、(広がってもいませんしね。)

複業というよりかは、生き様というのに近いんでしょうか?

ワタシ的には、そんな風に捉えましたね。

以下の引用の中でも、リスクヘッジ的な意味合いもあるとのことですが、

8つの心得というのが、何とも興味深いと思いましたね。

このスラッシャーが増えているのは、1975〜1989年生まれまでの「ジェネレーションY世代」と呼ばれる世代の人たち。まさに不況な煽りを受けた世代で、学生の頃は就職難、就職してからも生活が不安定で保証された未来がない中で、自分のセンスや判断力を信じるしか道がなかったことから、リスクヘッジの意味も含めてスラッシャーが増えたそう。

スラッシャーは特に、未だに社会的に賃金が安いとされる女性に増えているそうですが、理由はそれだけではなく、女性は「マルチタスクではないと退屈する」という心理もあるのだとか。

また、スラッシャーでも肩書きが、どれも中途半端な人はダメなスラッシャーで、「何か一つの職業に軸足があると良い」と定義されるそう。たとえば、アメリカでは「検事/ズンバ講師」「女優/エンジニア」など業種にギャップやバリエーションがあると、それぞれの仕事のイメージを良い意味で補完できるとか。最後に、スラッシャーで成功するための8つの心得を教えていただきました。

1. 辛抱強くなる
2. それぞれの仕事がどのように補完しあうかをよく考える
3. 自分の職能は自分で定義する
4. 時間を賢く使う
5. クリエイティブに考える
6. すぐにあきらめない
7. 一週間を注意深く計画する
8. 自分がくつろぎながらできる仕事をひとつ以上持つ

特に大事なのは8で、「気晴らしができる仕事」をもっておくと良いそう。渡部さんでいえば趣味が高じた「美食家」が当てはまりますね。あなたのまわりでもスラッシャー、増えていませんか?

ワタシが大学を出て、新社会人になった頃は、まさにバブルが弾けた直後でした。

「日本的経営システムの崩壊」なんてことが声高に叫ばれていて、

大きな時代の転換を肌感覚でも感じておりました。

ポータブルスキル(持ち運びのできるスキル)の重要性も、大学の講義で受けました。

今は、”ワークライフバランス”ということでしょうか?

ワタシの居る会社も例外ではないですね。

ただ、数日前に、面白い記事を見ました。

ワークライフバランス は人間を消耗させる?

これも、的を得ているように思いますね。

というか、”天秤”よりも、個人的にはしっくり来るかも?^^;;

ここ数日で、琴線に触れた記事が続いたので、ちょいメモ代わりに。

いずれも、「自分」というものを、まずはしっかり持つことの重要性を説いていると思います。

社会人になって、24年。

定年まで(このまま行けば)、15年か?

100年時代からすると、まだ折り返しか?

人生は、続く。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

ABOUT ME
ヤマバヤシ タカシ
大阪府堺市出身・在住。オーバーワーク気味の社会人生活の中で、うつ病を経験。生き方を変えようと、2014年10月よりミニマリズムに傾倒。ミニマリスト/ブロガー/ランナー/介護職員